ELECOM TK-FDM063TBK Review :コスパ良しの長持ち無線キーボード

とにかく安い。動けばいい。とりあえず買いならこれを選ぼう

新しいパソコンを買うことになったけどキーボードっていっぱいある…今使ってるキーボードが壊れちゃってそろそろ買い替えの時期なんだけど…といったあなた。キーボードを買うことにそこまで注視していないが、とりあえずキーボードがほしい。いつか良いキーボードを買うけど其のつなぎにとにかくなんでも良いからキーボードがほしい。そういった人へ朗報です。

ELECOM TK-FDM063TBK

ELECOM製ワイヤレスキーボード。Amazonの特に人気の高い商品につけられる「AmazonChoice」にも仲間入りする利便性に優れた高性能な安価キーボード。決してガチなゲーマーが喜べるほどの性能は備わっていないが、あくまで実用重視。テンキー付きのフルサイズからコンパクト重視のスリムサイズなど多彩なラインナップが用意されたキーボードはエントリーモデルとはとても見えないほどの完成度に満ちた製品だ。

ELECOM TK-FDM063TBK の特徴:

  • とにかく安い。
  • Amazonでもレビュー評価が高い
  • 長持ちする
  • 配線レスのワイヤレスが使いやすい
  • 打ち心地も申し分なし
  • PC初心者におすすめ

この製品はとにかく安いこと。そしてAmazonの商品検索で「キーボード」と入力すればまずトップに躍り出てくること。勿論Amazonの商品レビューに値する星評価も満点の結果。一言に例えるならば、パソコン初心者~中級者にはこの1台で完璧な製品だ。2000円代で購入でき、色々お金がかさむPC購入の際などには非常に頼りになってくれるキーボードだ。僅かな値段で値段以上のパフォーマンスを発揮してくれると言っていい。安心して購入できるキーボードだ。

キーボードの打ち心地

キーボードを購入する上で気になるのが打ち心地だろう。深く沈む、音がなる、指への感触。これはPCを使う人それぞれの判断によって決まるもの。決して人気YouTuberが「コレが良い」といってすべてが良い製品とは限らない。他人がベタ褒めしてても自分にはしっくりこない。そういった時がある。

だが、このキーボードはホントベーシックタイプに属する打ち心地だ。しっかり凹むという打った感のある反応はノートPCには味わえないもの。だが、やたらメカニックでガチャガチャうるさいゲーミングキーボードとはまた違った感触。筆者に言わせればなんとも言えない領域になるが、何人かの知り合いに使ってみてもらった感想をまとめればキーボードの原点にあたるベーシックな打ち心地だそうだ。これから多くのキーボードを手にする予定の人は、とりあえずこのキーボードが基準だと覚えてくれてもいいと思う。

安定、省電力性の2.4GHz接続方式

ワイヤレスの製品には大きく2つの接続方式が存在する。Bluetooth接続か、2、4Ghz接続だ。Bluetoothは言わずとしれた規格で、皆も手にしているスマートフォンなどに内蔵されているものだ。もちろん無線キーボードにはBluetooth接続方式がある。だが、デメリットとしてバッテリーがすぐに上がりやすいこと、接続が不安定になりやすい事が挙げられる。其の点、こちらのELECOMキーボードは2,4GHz周波帯を使用した接続なので省電力で非常に安定した接続が実現する。

接続する際は、パソコン側に2,4GHzの受信機として小型のUSBドングルを接続して使用する。もちろん、パソコンだけじゃなく、PS4やテレビ、スマホなど、USBを備えている端末であればどれでも接続が可能になる。

ELECOM TK-FDM063TBK商品ページ