Blender超初心者メモ:テクスチャの貼り方

Blenderを使い始めるPC初心者向けに
超絶に噛み砕いたわかりやすい解説メモです。

他の解説ブログなどではどんなに初心者向けと謳っていても
実際はショートカットキーなんか使えて当然でしょ
といった感じに分かりづらいサイトばっか(しかないです。)

あ、こんなチョー簡単なこと解説してんの?
そんなん自分で調べろよ
Blender玄人達は皆こう言います。

これだからBlenderモデラー人口は増えないばかり。
調べろって言われてもどういう文字で検索したら良いか
すらわからない
レベルにそんな事言われても困るのが現実…

んじゃあ、公式リファレンス(公式解説サイト)を
見に行っても文字ばっかで写真入り説明なんか一切容赦なしの
専門用語だらけ解説です。そんなんわかんない…

なのでここに誰でもわかる、挫折した人にも
これから始めるPC苦手な人…でもMMDとか作りたい…
といった夢を叶える講座、始めていきますよ。

最新バージョンに対応!

今回の解説では
Blenderの最新バージョン(2.80)に完全対応です。
操作画面やショートカットが大幅に変更されています。

バージョンが古いままで運用されている方は
これから解説する方法は使えないので他のブログを参照してください。

今回の講座内容

今回解説していく項目は
Blenderで作った3Dデータに
模様(テクスチャ)を貼る
方法です。

基本的に設置した3Dデータを選択して
そのまま、自分のPCの中にある絵柄(テクスチャ)の
画像データをクリックして貼り付ける流れになります。

なのですが…

Blenderではすぐにはテクスチャは貼れません
難しい作業を10項目ぐらいこなしてやっとテクスチャが貼れます
難しいですよ。

ですが、テクスチャが貼れるまでの流れを
順番に説明していきますので、 ちゃんと真似してやれば
テクスチャを貼ることができますよ!
(スマホでこのブログを見ながら作業すると良いよ!)

3Dデータを選択する

まずはテクスチャを貼りたいモデルをクリックして
選択しましょう。

マテリアルを設定する

画面の右部分を見てみましょう。
矢印で示したところに朱色で丸いアイコンがありますね。
そこを押してみましょう。

新規ボタンがありますね。
そこを押しましょう。

新しいマテリアルが作られましたね。
したにずらずら~っと設定項目も現れました。
下の部分に「ベースカラー」の項目があるはずです。
白色の横に○ボタンがあるのでそこを押してみてください。

テクスチャを貼る

テクスチャとして設定できる項目がいっぱい出てきましたね。
テクスチャ項目の中の画像テクスチャをクリックしましょう。

設定項目がちょっと変化しました。
画像を開くボタンが出てきたのでクリックして
貼りたいテクスチャを探してきてください。
(テクスチャは自分で用意してね。)

まだテクスチャ反映しないじゃん…
最後の工程に入ります。

投影モードをテクスチャモードに切り替える

画面右上のこのボタンを押しましょう。
平面作業用カラーで表示されていますので、
テクスチャ投影モードに切り替えます。

完成!

無事完成!
おめでとー!
これでテクスチャの貼り付けができました
ほんと良く頑張ったね。

最後に

自分にめちゃくちゃ褒めていいですよ。
Blenderはほんとに難しいソフトですから。

Blenderはここまで超絶難しい操作をしないと
言うことを聞いてくれないソフト
です。
コレで挫折する人は初心者の8割もしめてると言うのが
また現実。

しかし、もっと簡単にしろよ…って言っても
言うことを聞いてくれるわけじゃありません。
なんだって無料で使えるプロ仕様ソフトですから。

初心者は素直に難しい操作をやってこなして
暗記していくしかありません。

ですが、何度か続けていれば
そのうちこのブログを見なくても自分で操作が
上の空でできるようになるでしょう。

ぜひ、めげずに1日1モデル作成を目標に
Blender生活を続けてみてくださいね。
使えるようになれば仕事とかでも活かせますよ!

以上、超初心者に送るBlender講座でした。

次回予告

次回のBlender超初心者講座(最新バージョン対応版)は
設定したテクスチャの細かい設定周りについて子供でもわかる
ぐらいに解説していきます。

Blenderモデラーのみなさん
次回もお楽しみに。