「自分の判断に自身が持てない」方に取得必須なスキル2種!

おはようございます。ブログライターChimoです。

今回は新しいカテゴリーを新設して
人と人をつなぐ哲学…
「心理学」に関するおはなしを紹介していきます。

毎日ストレス社会と言われた令和時代。
あなたは今、どのような生活スタイルを送っていますか?

人は何もかもを詰め込みすぎると
パンクしてしまう生き物。

絶対これなら間違った道じゃない。
と安心して選んだ運命線。

でも個人的に気に入らない要素が出てきてしまったら
自分は「この道を間違って歩んでしまったのではないだろうか
と、自問自答を始めてしまいます。

それが積み重なれば自問自答のレベルを超えて
自分に、身の回りに、不満が不満を呼び
自分に不満が帰ってくるちょっとややこしくも
嫌な存在が現れてくるのです。

まとめて言えば、自分の選んだ選択肢。
間違いの道を歩んでもそれは間違いではない。

このことについてお話を勧めていきます。

間違った選択を引き起こすはじめの要因

例えばここに複数種類のケーキがあったとしましょう。
あなたは「いちご付きのケーキが食べたい」という選択を取り、
イチゴケーキを手にしました。

そしてケーキを食べて家に帰りました。
静かな環境。自分の部屋でゆっくりしていると…

「あのとき別のケーキ食べればよかったんじゃ…」
ふと頭にあのときの選択が間違っていたのではないかと
自分に迷いが現れました。

さて、これにはどんなことが要因で引き起こされるのか…

周りがやってるから…(他人的・集団的要因)

あのケーキを食べたときには実は
そばに友達や恋人がいたとしたら。

ホントはイチゴケーキが食べたかったけど
友達彼女はみんなチョコケーキを食べている。

でも気づいたら手にはイチゴケーキを持っている。
もう食べるしかなかった。

こういうパターンはけっこう時間がたったあとに
思い起こすことがあります。
「友達・彼女と同じケーキが食べたかった…」

例で取り上げたものがケーキであればいいものの、
将来の学校の進学先同じところに行きたい
就職先同じところに行きたい…
友達授業ズル休みしちゃった。私も休んでも良かったん?

恋愛などの可愛らしいもので”
オソロの選択”をするのであればいいものの、
将来に関わる選択肢などにも
友達が…彼女が…などの理由を抱えてしまっては
大きく運命を変えてしまうことにつながります。

自分に自信が持てない(個人的要因)

そもそも対象を適当に捉えているということです。
ケーキ?まぁ食べればいいだろう。
何かのイベント?まぁ、その日になればわかるだろう

こうやってこれから先々起こるであろう
分岐点の選択肢イベントを
先読みせずにぶっつけ本番で選択をしようとしているのです。

これから何が始まるかわからない状態。
何もない授業の日に、突然先生が授業中断して
ケーキパーティーにするなんてことは考えつかない…
それは誰だって一緒です。

ですが、予め先読みをしておくことは大事なことです。
先読みができるチャンスポイントは

  • 事前予知のパッシブスキル
  • 即時対応予知スキル

この2つが必要となってきます。

人生選択イベントで「間違いない選択」ができる2つのスキル

上記で取り上げた「事前予知のパッシブスキル」と
「即時対応予知スキル」。

人生世の中で身につけておきたい知識を
当ブログではゲームのようにスキルとして扱います。

この2つのスキルは絶対に身につけておくべき
人生必須スキルです。
これらについて解説していきますね。

【人生必須取得スキル】「事前予知パッシブスキル」

何かイベントが起きる前に事前に調べたり
予想したり、計画をしておくことです。

これにはできる、できないが存在していますが、
大抵のことは事前予知を行っておけば
選択に間違いは大幅に軽減できるでしょう。

事前予知を自然と行えるようにするためには
日頃から余裕のもった生活が必要とされます。
時間には遅刻せず、20分前に教室に行っておくとかね。

※スキルでもパッシブスキルとつけたことには
普段から常に事前予知をアクティブにさせておくことの
必要性からつけてあります。

【人生取得必須スキル】「即時対応予知スキル」

これも押さえておきたい項目です。

いざ、選択を求められる状況下に陥ったら
迷いなく焦りなく、そしてもたもたせずに
判断を下せるスキルですね。

選択する場面になったらその瞬間の数秒間で
このあとこの選択を選んだらどうなるか?
自分がほんとに選びたい選択肢はどれかを
瞬時に整理するスキルになります。

事前予知スキルで対応できずに
選択しなければならない場面に突入した際に
使うことになるでしょう。