chimo

東京行く前に…田舎者のうちが見た東京のイメージ

こんばんは。
明日は朝早バイトが有るにもかかわらず
夜ふかししてブログ執筆してるChimoです。

2020年も突入してそろそろ私の中のスケジュールでも
未来へつながる歯車が動き出したことに心身が
気づき始めてきた時期になります。

具体的に言えば、

  • 卒論
  • 就活
  • 資金調達

この3代タスクが卒業までにちゃんとこなせるか
それが不安でもあり、楽しみでもあるかのような
様々な心境が入り混じった状態です。

今回の記事ではメインテーマに東京を取り上げました。
来週、地方学生の上京就活応援サービスに応募し、
東京での就活イベントが実施されるため、東京に行ってきます。

っていってもまぁただ東京行って就活してくるってのが
まぁメインタスクであはありますが、せっかくだから
楽しんで帰りたい。(めったに行けない?あと1年したらそこで住むのか…)

ってなわけで、来週水曜(1月23日)から東京入りするわけですが
まぁ、行く前に私自身が東京にどのようなイメージを持っているのか
ずらずらと書いていこうかなとおもいます。

人生で東京行ったのは?

私の人生で東京行ったのは2回ですね。
(大学3年の現在まで)

  1. 実家の家族旅行で
  2. 高校の修学旅行で

実家の家族旅行で

最初は家族旅行で行ったことでしたね。
でも記憶はほぼ無いです。

行ったのが2009年?ってバックアップされてたGoogleフォトの
カレンダー日時に
はそう記述されてるようです。
頑張って思い出しても新幹線の中でスジャータアイス食べて硬かった
って記憶ぐらいですね。

あとは覚えてません。

高校の修学旅行で

これはわりかし最近のことなので記憶してます。
高校2年の冬頃に修学旅行で訪れたことがあります。

メインは長野のスキー場でスキーしてくるだけでしたが、
最後の日?に東京見学とディズニーランド行ったことぐらいでした。

っていってもドラマとかアニメのように東京で
バスの無料乗車券使って自由行動とかは一切なく
だいたい既定のルートをクラス単位でぞろぞろ並んでいくぐらいで
自由度は低かったです。(田舎の古臭い公立高校だしね)

東京では雷門とかお台場の等身大ガンダムの前の
移動販売車で現地でガンプラを買ってお土産にしたことぐらいですかね。

スカイツリーも行きましたか…
確かに高かった。でも知ってる土地勘じゃないので
どこに何があるかはさっぱりワケワカメ
はぇ~。高いね~ぐらいのイメージでした(小並感)

ディズニーランドに行きましたが
まぁ…ちょっと言うなら
ディズニーシーに行きたかった

ってかんじですね。実際に行ったのは。

地方で働くことが推奨される時代背景の中で上京する選択肢

今の時代は少子高齢化、うちも大学で経済学んでますが、
最近では教授が「超高齢化社会だからねぇ。君たち。
県内に残ってどんどん貢献してもらわねば困るよ。」って話が飛んできます。

まぁ地方ってなったらどんどん衰退していることも事実。
うちみたいな若者がどんどん離れているでしょう。

でも今の時代背景では
国や県などとしては「地方民は地元に残って地元貢献。」
って方針なのでまぁまわりは県内に残るように色々施策を凝らしているでしょう。

地方で働いて手当倍増
地方で働いて子供作れば手当がさらに
学生が県内にこれば「奨学金は全部チャラ」

いろいろあるみたいですよ。
大学の友達なんかも奨学金借りてる人が非常に多い中なので
そりゃ全部タダになるんだったら残らざる負えないだろう」とみんな口ずさんでますね。

そして私も現在は地方で勉学に励んでいると。

さて、どうするか。
まぁ都会行くも田舎に残るも
行政があー言ってるからとかじゃなくて
自分の判断で行動することが答えになるわけですがね。

親戚、家族関係は一切居ない

うちの家系は代々高知県、少なくとも四国県内で収まってるので
親戚自体もそこまで多くはないのですが、
東京に、東日本には繋がりは一切ありません
まぁ言っちゃえば未開拓の異世界のような感じですね。

同じ日本ではあるが、別世界って感じです。
今の時点での感想としては。

実際に東京に行ったらゼロからの
人間関係でリスタートすることができるわけでもあるので
まぁある意味気が楽っちゃ楽ですけどね。
ネットもあるし、孤独になることは多分無いです。

東京に行きたい理由

って感じでずらずらと東京について色々語ってきましたが、
ここで極論を並べていくとしますか。

東京に行く(行きたい)理由

  • 便利
  • 車が不要
  • 新型PCが維持れる
  • コミケに行ける
  • 給料が良い
  • 最新の働き方改革にフルサポート
  • 個人的スキルの向上の場
  • 人間関係リセットして始められる
  • 世界の中心、東京で暮らせる
  • 出会いも多い
  • 無駄なボランティア精神も必要ない
  • Amazonがその日に届く
  • アマゾンプライムのサービスのフル活用
  • 最新ITサービスのフル活用
  • イベントに行ける
  • 憧れの電車通ができる
  • 仕事が多い
  • 子育てにも最強の環境

ずらっと羅列してみました。
まぁこんな感じですね。
じゃあ逆に

地方に残りたくない理由

  • 親に変な関わりができてくる
  • 給料低い
  • 仕事が全然ない
  • 車を持ってなかったら廃人寸前社会
  • Amazon届くの遅い
  • 不便極まりない地方銀行とのお付き合い
  • ローカルスーパー高い
  • 近所付き合いめんどくさい
  • バスのダイヤガバガバ
  • ローカル鉄道片道線路ですれ違い待ち15分
  • 不便
  • イベントは行けないからなかったこと扱い
  • テレビ付けたら東京東京うるさい
  • 地方自治体の独自税金
  • マックスバリューが無い
  • 田舎特有の「コレが普通」概念

へぇ?あんたどーせホームシックになって三日坊主で高知にかえってくるんじゃね?

まぁ親から言われたことですがね。
大抵のイメージではそう取られるでしょう。

っていっても変える理由もないし。
未練もなにもない。
田舎に戻ってもうちの実家が地元一のローカル企業の
社長の息子ってわけでもあるまいし。

ま、あっちですることがない
やることがないってのが返答ってとこでしょうか。

田舎民が考える東京に行かないほうがいい理由

周りから言われる声としては以下のとおりです

  • 新鮮な野菜が買えないぞ。
  • 田舎のおいしい空気が吸えないぞ
  • 車好きじゃなかったのか?毎日車天国だぞ。
  • 地元貢献で県民としての誇りをもちたまえ
  • 親にずっと貢献したまえ
  • 田舎は出会いが多いぞぉ
  • イベントなんかは行きたいときだけに行けばいいじゃないか。
  • 東京の企業は田舎にも来てる
  • 都会の働き方改革?あんなのはもとから都会しかやらないもん。
    そんなのにそがりつくお前は怠けてる
  • 知ってる友達と遊べるんだぞ。

田舎に残るなんとなく貢献

口先だけでは田舎に残って貢献するとかってよく言うが
実際は重労働ってことじゃん。完結につながる答えとすれば。
若者は増えていく年寄りの面倒を給料倍増されることもなく
貢献し続けなければならないと。

で?自分に帰ってくるものは?
「おれ、親に貢献したんだぁ。すげぇわぁ」
そんだけでしょ。

そんなので残るのか、
東京で成功させて大金掴むか。
ってなれば答えもすぐ出てくるでしょう。

田舎の人がよく言う「東京は物価が高いから…」

もうこれはっきり行って古臭いこじつけを
未だに言い続けてる人たちが多いってのがはっきり目に見えてる
状態です。

言い分としては「東京に行ったら新鮮な野菜が食べれない」
「物価が高い。家賃も15万。ごはんも田舎の倍」
ってよく理由に上げてくる人が居ます。

まぁ昔の時代ならこの言い分で差し止めてくるってのも
理解はできたでしょう。

ですが今はAmazonがある時代ですよ。
田舎民がAmazonで野菜買って10円で買えると思う?
都会の人がAmazonで野菜買って1000円で野菜買うか?
そんなワケ無いですよね。

たしかに東京のローカルスーパーに行って
毎日の晩御飯を作るなら間違ってもないでしょうが、
ローカルスーパー行くの?ってそっからの疑問になってきます。

Amazonパントリーの出番ですよ。
これなら田舎だろうが、都会だろうが同じ値段で買える
ネットスーパーです。(都会の人だけが使えるサービス)

他にもイオンなどでもネットスーパーサービスが対応されているようで。
ぶっちゃけ古臭いようなスーパーに行って物価の高いものを買う必要がないのです。

それに物価が高くて都会生活できないってなったら
東京都民はみんな自己破産でもしてるレベルですよって話になるわけで。

まぁ結論とすれば「田舎特有の古臭いこじつけ」ですね。

Amazonとかのサービスがフル活用できる

これです。
アマゾンプライム。
最近テレビCMなどでも登場し利用者が一気に加速してます。

ですが、これは地方民が使うと3割ほどは損します。
だって都会でしか使えないサービスも含まれて月額支払ってるわけで。
勿論サービス非対応のところは地方割、なんてのは存在しませんよ。

まぁ同じ会員費払って無駄遣いはしたくないので。

最後に

まぁこんな感じになります。
別に都会が悪いと否定するわけではないですよ。
あるべき文化は残していかなきゃならないし。

でも都会行くも田舎残るも判断するのは自由。
それで中途半端な判断するのが一番ダメな話で。

別に周りが悪いわけでもなく、ちゃんと自分の将来ビジョン
必要としているものが理解できているか。それが大切なことですからね。

って、ちょっと硬くなったので…
そろそろ閉めさせてもらいますね。
じゃあさよなら。